最近増えている交通事故のパターンにはどのようなものがある?

相変わらず交通事故が多いですが、最近、特に目立つ事故といえば高齢者がアクセルとブレーキの踏み間違えてコンビニなどに突っ込むというものでしょう。また、スピードを出しすぎて曲がりきれなかったり、あるいは居眠り運転などで、小学生の集団登校の列に突っ込むという事故もよく報道されています。

これらの事故が多いのは、実はれっきとした理由があるのです。

アクセルとブレーキの踏み間違えによる事故はなぜ多くなった?

まず、アクセルとブレーキの踏み間違えによる事故は、なぜ最近になって急増しているのでしょうか。その理由として最初に挙げられるのは、オートマ車の普及です。以前、自動車といえばクラッチ操作でギアを変えていくマニュアル車が一般的でした。

マニュアル車ばかりが走っていた頃は、アクセルとブレーキの踏み間違えによる事故など聞かなかったという人も多いと思いますが、それもそのはず、マニュアル車はブレーキと間違えてアクセルを思いっきり踏んでしまっても、事故が起きにくい構造なのです。

なぜマニュアル車では起きにくいのかというと、ブレーキを踏む際、必ずクラッチペダルを踏み込むからです。クラッチペダルを踏むと、車輪に力が伝わることはなくなります。だから、ブレーキをかけて止まりやすくなるわけですが、もし、この状態でブレーキではなく誤ってアクセルを踏み込んでしまった場合、エンジンからの力はやはり車輪には伝わないため、ただ、エンジンが空回りするだけで済みます。

そのため、急加速して建物に突っ込むといったことはまず起こらないわけです。しかし、オートマ車の場合はクラッチ操作がないため、どのような状況であってもアクセルを踏み込めば確実に加速します。

そのため、オートマ車の普及とともにペダルの踏み間違えによる事故が爆発的に増えたのです。また、オートマ車にはクリープ現象と呼ばれるマニュアル車にはない動作があります。

これは、ギアの位置によっては、アクセルペダルを踏み込んでいないにもかかわらず、ゆっくりと前に進むというものです。

クリープ現象は渋滞時などにとても便利な動作であり、ブレーキペダルの操作だけでゆっくり進んだり、止まったりすることができます。

ただ、もしクリープ現象を使って車を動かしているとき、足をブレーキペダルではなく、アクセスペダルに乗せてしまっていたらどういうことになるでしょうか。そうです、ブレーキだと思って踏んだら急加速し、前の車に突っ込んでしまったり、あるいは建物に突っ込んでしまうということが起こりえるのです。

高齢ドライバーとオートマ車という組み合わせに問題

高齢のドライバーが増えているというのも、ペダルの踏み間違えによる事故が多くなった要因の一つといえるでしょう。団塊の世代と呼ばれる、自動車免許を取って、マイカーを購入するのが当たり前になった人たちが高齢者になったことで、高齢ドライバーの分母が一気に増え、それに比例して事故も増えたというわけです。

また、意外と見逃されやすいのが、「コンビニなど駐車場付きの建物が増えたから事故が多くなった」という点です。昔は今ほど住宅が密集したおらず、駐車場を持つ店舗があちこちにあるという状況ではありませんでした。

しかし、今は駐車場付きのコンビニ、あるいは店舗があちこちに存在し、自動車を停車して、店で買い物をしたり用事を済ませ、発進するという操作を一日で何回も繰り返すようになってきています。操作が多い分、ミスが多くなり、事故につながっているというわけです。

専門家によっては、自動車の構造自体がおかしいという人もいます。具体的になにがおかしいのかというと、ブレーキとアクセルという、真逆の機能を持つペダルを、同じ操作方法にし並列に置くという点です。ただ、これはずっと昔からであり、近年、ペダルの踏み間違えによる事故が増えた最大の要因とはいえません。

ただ、こういった安全性に欠ける操作方法とギアのオートマチック化という技術の進歩が組み合わさったことで、事故が起きやすくなってしまったということは間違いなくいえるでしょう。

集団登校中の小学生に車が突っ込む事故は本当に増えている?

では、集団登校中の小学生に車が突っ込むという事故はなぜ増えているのでしょうか。これはマスコミが多大な影響を与えています。どういうことかというと、登校中の小学生をはねてしまうという事故は昔から起きていて、最近になって特別増えてきたわけではありません。

ただ、子供が何人も亡くなるような大きな事故が起きると、メディアは登校中の子供に車が突っ込んだという事故を特別視して、死亡事故に限らず、けがで済んだ場合もニュースで伝えます。すると、交通事故のニュースは集団登校の小学生の列に車が突っ込んだというものばかりになり、昔と比べるとものすごくそういう事故が増えたように錯覚してしまうというわけです。

認知症ドライバーによる事故は確実に増加している

ペダルの踏み間違え、集団登校の子供をはねる事故と並び、最近、よく報道される交通事故としては認知症のドライバーによる事故が挙げられます。これは、昔と比べると、数自体、確実に増えているといえるでしょう。昔は認知症になる前に寿命で亡くなってしまうことが多かったわけですが、現在は医療の進歩で平均寿命が延びていて、認知症を発症しても車を運転できるぐらいは健康であるという高齢者が増えています。

当然、そういったドライバーが増えれば事故の数も多くなるのは道理です。

交通事故を裁判所で解決する方法

最近増えているタイプの事故を少なくするためには

では、最近増えているタイプの交通事故はどのようにすれば少なくできるのでしょうか。まず、ペダルの踏み間違えによる事故は、自動ブレーキの搭載で確実に減らしていくことができるでしょう。自動ブレーキとは、前方に障害物がある状況では自動車が自動的にブレーキをかけるというシステムで、もし、前方にコンビニがある状態で思いっきりアクセルを踏んでしまっても、車は動きません。

認知症ドライバーによる事故については、免許更新システムの刷新などが必要になってくるでしょう。たとえば、現在は免許を自主的に返納してもらうという形にしていますが、今後は一定の年齢になったら強制的に免許の更新はできなくなるといった対処も考えられます。

ただ、車を運転できないことには、買い物に行くこともままならないという地方在住の高齢者の場合、強制的に免許を取り上げられると死活問題につながります。そのため、過疎化している地域でも簡単に買い物ができるような流通システムの構築が必要になってくるでしょう。